国立公園や自然保護の意識

HAPPYに行こう♪ Vol.2



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

確かに褒められる行為ではありませんが、私は彼らを可哀想に思うところがあります。確かにあの落書きは大きかった。大きすぎたけれど、彼らの落書きは風で消えます。一時的に景観を損なったけれど、それも風で消せる程度です。砂丘は歩いて観光できますから、立ち入り禁止区域に入ったというわけでもありません。砂丘を転がり降りたり、駆け下りたりしてた事がある人も沢山いるのではないでしょうか。現にその近くではサンドボードや砂丘すべりも楽しんでいるのです。今回は「広告物の表示」に値する疑いがあるということですが、広告といっても学生サークルですよ。それも風で消えるんです。今回、彼らの行為が大きく取り上げられた原因は、彼らが彼らの行為を勲章のごとく勘違いし意気揚々と周知してしまったからです。残念ながら彼らは彼らの落書きが問題行為だという事に気がつけなかったのです。私は、これは彼らの問題というより、社会の問題だと思います。もちろん私も含めてですが、日本は未だ国立公園等の自然やその保護に対する意識が低いように思います。無頓着な社会は当然のごとく次の世代にその必要性を伝える事は出来ません。個々人の問題というより、教育・啓蒙の問題なのではないかと思うのです。

少し前にも、某ローカル局のバラエティ番組で鳥取砂丘の砂を持ち帰った事が問題となりました。7年程前の事だそうですが、それまで誰も気がつかなかったのです。富士山には莫大なゴミが捨てられ、世界遺産登録への障害となっています。国立公園などで、道端の植物を採取している人をよく見かけます。尾瀬などの湿原では、不用意に湿原に立ち入る観光客により環境が破壊されるという話もききます。私達は気がつかないのです。自分たちの行動が問題行為である事に、気がつけないのです。

アメリカの国立公園で良く聞かれる言葉に「撮っていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ(Take Only Picture, Leave Only Footprint)」というのがあります。語源については私は良く存じませんがが、現地ガイドさんから案内されたり、アーチや看板に掲げてあったりするので一般に良く知られています。自然保護の観念と姿勢を上手に表している良い言葉だと私は思います。このような言葉からでも良いので、私たちの意識を高める努力をしてゆきたいものです。

先日、団体ツアーで白神山地に行きました。案内してくれたネイチャーガイドさんの一人が「草木を折って採集してはいけないが、落ちているものを拾うのはOK」というような内容の事を仰ったので、私は「国によって違うんだな~」とちょっとびっくりしました。そこでは募金をした人に木の実がプレゼントされていました。今、考えると落ちているものを拾うのはOKだとしたら、鳥取砂丘の砂を持ち帰るのも平気?! 落ちている物と、そうでない物の定義は?? もしかして、白神山地は国立公園では無いのかな?? 国立公園はダメだけど、世界遺産は持ち帰ってもOKとか??jumee☆whyR う~ん、難しい

2007年9月26日(水)20:03 朝日新聞
鳥取砂丘に巨大「落書き」、名大生が反省の手紙

 鳥取市にある国立公園「鳥取砂丘」に巨大な落書きをした名古屋大生たちが反省の気持ちをつづった手紙が、25日に環境省浦富自然保護官事務所に郵送されてきた。環境省は自然公園法違反の疑いで調査していたが、注意文書を学生たちに送ることで調査を終えることにした。

 落書きをしたのは名大の野外活動サークル「ハックルベリーフィン」のメンバー7人。今月初めに中国地方を歩いて旅行し、鳥取砂丘にゴールしたことを記念してサークルの略称「HUCK」を足で掘り込んで書いたという。文字は縦15メートル、横50メートルと巨大で、自然公園法が禁じる「広告物の表示」の疑いがあるとして環境省が調査していた。

 環境省近畿地方環境事務所によると、手紙は「悪気はなかった。反省している」との内容。環境事務所は「字は風で消されているし、学生も大変反省している様子なので注意文書を送ることにした。今後は県や市とも協力して注意を呼びかけていく」と話している。

関連記事




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

関連タグ : 国立公園, 自然, 社会, MyView, 日本, 教育,




コメント
この記事へのコメント
blogの文章の中に落書きと同じ分類で記載してありますが、サンドボードは景観的、安全面等を考え場所を指定して行っています。参加者にはそのつど景観的ことマナー的なことをふまえて行っております。
そこら辺のご理解を勘違いをされませんようにお願いいたします。
2007/09/27(木) 08:22 | URL | サンドボードインストラクター #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
つたない文章ゆえ、一部誤解を生じたかもしれませんが、私は砂丘でのサンドボードや砂丘すべりを否定している訳ではありません。むしろ鳥取砂丘独特の自然環境を上手に利用した興味深いスポーツだと思います。同時に景観的にも鳥取砂丘の一面を担っていると思います。

彼らの落書きは決して褒められる事ではありませんが、その行為自体は人為的に砂に跡をつけただけです。砂を持ちさった訳でもなく、移動しただけです。砂丘観光やサンドボードも、人為的な行為で砂に跡がつくし、砂が移動されます。風がそれを消してくれるのも鳥取砂丘らしさ、美しさかと思います。

彼らは軽はずみでしたが、彼らが致命的な間違いを犯したわけでは無いと私は思います。彼らに足りなかったのものは国立公園に対する意識だと私は思っています。
2007/09/27(木) 21:29 | URL | りょーこ♪(管理人) #0K.AxFoo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyjournal.blog117.fc2.com/tb.php/59-896b84dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。