古代エジプト様式 3 [インテリアの歴史]

HAPPYに行こう♪ Vol.2



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

おはようございます。
りょーこ♪@ネバダ州リノ、只今1月20日午前4:00です。
朝弱のLOVE睡眠の私は、本日ももちろん自動投稿でございますw

さて、インテリアの歴史 ポートフォリオ
しつこいようですが、
  • 所詮、大学生の課題ですので、信頼度はかなり低いです。
  • 米国の大学なので授業は英語です。なので、日本語で何と言われているのか分かりかねます。
  • 日本語名称や間違いの指摘含め、コメント&TB大歓迎です。
  • 古代エジプトはパートナーの担当だったのでいまいち。<上から目線でスマヌw


古代エジプト: 紀元前4500~紀元前633年
Egyptian: 4500B.C.-633 B.C.

3_Ancient Egypt 21-16

出典:Lucie–Smith, E. (1979). Furniture: A concise history. NY: Oxford University Press p.16


古代エジプト初期王朝時代の家具です。Paw feet 動物の脚形の脚つきのベットにヘッドレスト(寝台上の肘掛みたいなの)、手前は銀で装飾された化粧箱です。

Bed: low with bed having footboard & headrest
古代エジプトの寝台は低めでヘッドレスト(頭)とフットボード(足側の側板)があるのだとか。教授いわく、古代エジプトの寝台は水平ではなくて、少し傾いて(頭側が高く&足側が低く)いたそうです。フットボードはベットからずり落ちないようにの意図もあったのではないかと考えられているそうです。そういわれてみるとこの図のベットも右側の足側に少し傾いているような、いないような?w

Feet and legs carved in animal form (fore & hind legs): dog, feine, duck
古代エジプトの家具には、犬、猫科、鴨やアヒルなど、動物やその脚(前足や後足)を形どった脚がよく見られるそうです。

この図からは確認できませんが、古代エジプトの収納箱等で以下の接合法が用いられているそうです。 chest: joining (method of assembling)
3_Ancient Egypt Joint
Pegged 釘・杭
mortise and tenon(語源は Mouthくち&Tan舌という話?)
ほぞ穴とほぞ:ほぞ接合

dove tail 蟻継ぎ/鳩尾型のほぞを用いて架材を接合すること

古代エジプトって紀元前の話なんですよね。ピラミットもそうだけど驚きです。

My partnerによると、ベットの脚には paw feet 動物の脚形、頭部側に向けられた犬の脚がよく用いられていたそうです。又、ヘッドレストは 当時の手の込んだ髪型を考慮したものだと考えられているそうです。











応援して頂けると嬉しいです
人気ブログランキングへ
関連記事




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

関連タグ : 古代エジプト様式, インテリア・デザイン, インテリアの歴史, ポートフォリオ, UNR,




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyjournal.blog117.fc2.com/tb.php/545-0393bf69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
古代エジプト様式 3 [インテリアの歴史]
2017/01/02(月) | http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。