人間の脳は思ってたより小さかった

HAPPYに行こう♪ Vol.2



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

こんばんわ、りょーこ♪です。
ネバダ州リノ、只今7月21日(火)19:45です。
図書館の「早く帰れ~」放送も始まりましたw



昨日、とても貴重な体験をしました。

夏学期第三弾で、現在 Physiological psychology をとっています。
授業タイトルから私が想像していたのは「心理的な影響で人間の体にどんな症状を引き起こすか」みたいなことを学ぶクラスなんじゃないかと。
例えば、不安すぎると冷や汗がでてくるとか、苦手な場所に行かなくてはならないと実際にお腹が痛くなってくるとか、そんな感じのことなのかと。

実際はちょっと違ってました。
これまでの内容は神経細胞とか脳の構造とか、思いっきり生物だったりする
まだ2週間目だけど、キツイっす
生物単語は見慣れてないし、教科書読んでも頭に入ってこないし
自然科学の必修は生物を取ったけど、10年以上前の事なんで単語なんかこれっぽっちも覚えてないしw
Space ALCの英辞朗によると Physiological psychology の和訳は"生理学的心理学"になるらしい。
妙に納得w

画像: 脳 ~心理学の教科書 

皆様の応援が励みです。応援お願いします。人気ブログランキングへ

とはいえ、日本に帰らずに授業を取ることを選んだ今、このクラスを落とすわけにはいきません。
なんとか、がんばりますです

そんな中、昨日、授業の一環で大学の実験室(Lab.)に連れて行ってもらいました。
そこで、初めて実際の人間の脳の一部(多分ホルマリン処理済)を手にとって見る事が出来る機会に恵まれました。
教科書の図の実物。
興味深いけど、同時にちょっと怖くもある体験。
本物だと思うと、ドキドキ、ハラハラ、身震いする感じ。
実際にはたたなかったけど、鳥肌が立つような感じでした。

実際の人間の脳は、私が想像していたよりは小さかったです。
まぁ、頭蓋骨があって、その中で脳脊髄液(cerebrospinal fluid -CSF)に浮いてるのだから、小さいといっても妥当なサイズなんだけどね。
日常で目に入る頭の大きさから幾回りか小さいのをイメージしてしまっていたのでw

この Physiological psychology のクラス。
なんかね、めちゃくちゃ安易なんだけど、取って良かったって思いました。
授業は生物ぽくって正直やられてます。
でも、本物の人間の脳に触る機会なんてそうそう無い。
恵まれたなって。
大学生って、本来、こういう体験を楽しめるもんだよね。
正直、戻ってきてから初めて授業料(このクラスは約US$450)分の元をとった気がするしw

うむ、今日は私にしては珍しいHAPPYな展開だw

皆様も良い一日を!
HAPPYに行こう♪






関連記事




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

関連タグ : ネバダ州立大学リノ, UNR, Reno, 米国大学留学, 勉強, 心理学,




コメント
この記事へのコメント
そんなちっぽけな脳には色んな可能性を秘めていて優れた能力を持っているんだよね。

そして人間はその知識と能力の塊を常に携帯しているわけだ~

あとはどう使いこなすかの問題だ。σ(^ω^;)
2009/07/22(水) 21:28 | URL | ケロ子 #-[ 編集]
本当にすごいですよね~v-353
使いこなすのは至難の技ですねw
2009/07/24(金) 00:19 | URL | りょーこ♪(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyjournal.blog117.fc2.com/tb.php/414-68e84dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。