もし過去に戻れるなら?

HAPPYに行こう♪ Vol.2



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

こんばんわ。
又、寝る前なのにポテチを一袋食べてしまったりょーこ♪です。
ヤバイよね

先日の記事、『明るい国家計画』で学校の事を書いたので、今日は自分の学校の事をちょっと書いてみようかと思います。

『もし、過去に戻ってもう一度人生をやり直す事が出来るとしたら、あなたはどの時代に戻りますか?』
すっかり負け込んだ気持ちになってしまっている今の私は「高校時代」です。

私は思いっきり庶民の生まれ。
幸か不幸かお受験とかは全く別世界の出来事で選択肢としてもあがらない感じw
なので、小・中学校は当然公立。

高校も公立に行きました。
当時は「どちらかというと下手な公立に行くより私立に行くほうが正解」というトレンドだったと私は認識しています。
でも、地方出身で教育熱心とは言いがたい我が両親。
首都圏の学校事情なんぞ調べる由も無く、彼らの時代・地域の状況をそのまま持ち込んで「私立高校はどこにも入学出来ないけど裕福な家庭の子供が行く」と思っていたらしい。
高校受験の時、周囲は平均して2~3校の私立高校を受験していました。
合格すればもうけもの的な挑戦校、適正レベル校、安全圏のスベリ止め校などなど。
私は一校だけしか受験させてもらえなかった記憶があります。
その上、「たとえ公立に落ちても私立に行かせる気は毛頭ない!」とのお言葉。
子供(?)心に、「そんなんだったら私立を受験する意味、全く無いじゃん?!変に受験させなきゃいいのに。」と思ったものです。

当時の公立高校受験は学区制。
私の学区内の一番良い学校は男女別学校でした。
今なら女子高も楽しそうと思えるのですが、当時からあまり人づきあいがうまくなかった私は女だけの世界に脅威を感じていました。
どうしても公立高校へという両親の期待も手伝って、一つ下のランクの共学高校へ進学しました。

これが人生の分かれ道になりました。
とどのつまり私は“下手な公立高校”生活を送ってしまったのです。
ここからはあれよあれよと辺鄙な道に突入していく事になります。

小学校とほぼ同じメンバーの中学校と違い、より広い地域から人が集まる高校は今までと違う新しい出会いや出来事を運んできました。
中学校時代は授業中に寝るなんて事は考えもつかなかった私。
授業は比較的きちんと聞いていたので、勉強もそこそこにこなしていたのです。
高校になって授業中に寝る事を覚えました
学校には友達に会うために行っているようなものでした。
授業中はほとんど寝てました。
授業が終われば夕方まで友達と遊び、家に帰ってからも友達と長電話をしていたほど。
当然のごとく勉強は出来なくなりました。

入学試験では学年1桁台で入学したのに、高校1年の2学期には既に真ん中。
卒業時にはワースト100になっていました
高校1年の2学期、入試時の成績を教えて貰った時にでも奮起して頑張れば、なんとか取り戻せたかもしれないのにね。
残念ながら、当時の私には危機感が全く無かったのです。
あ~あ、勿体無い

『もし過去に戻ってもう一度人生をやり直せるとしたら、あなたはどの時期に戻りますか?』
この不毛な質問に「やり直さなくていい。今のままで良い」と答えられるようになるのが、今の私の目標です。


ちなみに、私のこの“下手な公立高校生活”により、3歳年下の弟は付属大学のある私立高校への進学を許される事となりました。
一番上って何かといつも実験台。
損な役回りだわ


なお、この下手な公立高校生活で大切な友人と出会う事ができた事もここに明記しておきます。







関連記事




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

関連タグ : 高校, 懐古, 公立, 人生, 岐路, 負け組,




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyjournal.blog117.fc2.com/tb.php/279-bd583f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。