聖火は直に開催国に向かえばいい

HAPPYに行こう♪ Vol.2



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

自分がスポーツをしないというのが一番の理由なのかもしれないですが、私はスポーツ観戦にあまり魅力を感じない一人。
よく映画などで家に帰るとすぐTVをつけて、アメフトや野球中継に夢中になってる旦那と奥さんが喧嘩になったりするシーンがあります。
私、絶対そうなるわ~w

野球、サッカー、バレーボール、卓球、柔道、ハンドボール、マラソン、駅伝 etc、TVではいろいろなスポーツが中継されていますが、私は大抵スルー。
面白そうなものが無い時にかろうじてフィギュアスケートを見る事がある程度かな。
高校野球はアンチ。
メジャーも興味ないし、世界大会や代表を決める国内試合も、ほとんどスルー。
こんな私なので、オリンピックも正直なところあまり思い入れがありません。

一方、私の家族はかなりのスポーツ観戦好き。
ずっとスポーツをしてきた人というのもあると思いますが、大きな試合があると何かと文句を言いながらTVにしがみついています。
うるさいx2(笑)

さて、中国のオリンピックとチベット問題の一連の話。
年配の家族はボイコット等で頑張ってきた選手が出場できなくなったらかわいそうと主張しています。
年代的なものが大きいのだと思いますが、今回の騒動でモスクワオリンピックを思い起こすようです。

私としてはこの折にチベット問題が持ち出されるのは在る意味必然。
思想や生活が弾圧されている状況を許していいわけはない。
スポーツと政治は別とはいうけど、今やオリンピックも経済、政治の一部でしょ。
きっとどの国でも大企業が選手のスポンサーになってたり、政治家がスポーツ団体の後押しをしたたりしてるんじゃないのかな?
でもね、というか、だからこそ、モスクワオリンピックの時みたいにオリンピック全体をボイコットなんて腹の据わったことが出来る先進国はもはや無いんじゃないかと思います。
ましてや、今や中国は切っても切れないお隣さんである日本。
ボイコットなんて確固とした態度が取れるわけは無いだろうと思ってしまいます。

そんな私達ですが聖火リレーについては共通した意見になりました。
あんな状態で聖火リレーをする価値があるのか?

でも、理由はそれぞれ。
家族は聖火リレーで問題がもっと大きくなってボイコットなどで選手がオリンピックにでれなくなったら可哀そうという理由。
私は聖火リレー自体に興味が無いっていうのもあるけど、聖火はギリシアから真直ぐ開催国に、今回の場合は中国に向かえばいいと思うんです。
世界各国からは選手が開催国に集まってゆくのだから、聖火が世界中を周る必要は無いという考えです。

こんな私でも、若き日にはちょいとスポーツ熱に浸った事もあります。
小学校の時、ミニバスをやっていた私。
中学生の時、TVで見た高校バスケで活躍していた(当時)北陸高校の佐古選手に憧れたこともありました。
自分のバスケットボールに名前を書いてみたり、雑誌を切り抜いてみたりね
同じく中学生の頃、高校サッカーで活躍していた(当時)国見高校の二宮選手に憧れてキャーキャー言っていた事もあります。
お正月にわざわざ試合観にいったりね
一番最近では(人じゃないけど)オグリキャップの最後のレースは熱くなりました。
テレビに向かって「頑張れ、頑張れ!」と叫んでましたね

ちょいと補足。
スポーツ中継は私にとっては他人事なんだけど、自分に身近な人がプレーしているのなら(多分)私も熱くなって応援するんじないかと思います。
例えばもし私に子供がいたとしたら、子供の運動会にはやっぱり応援に行くだろうし子供のスポーツ観戦なら楽しみだと思うの。

つまり私はTVのスポーツ中継ではプレーヤーを身近に感じられないから興味が沸かないんだろうな~と自分で自分を分析してみました


ちなみに、今日の打刻。
18:10
今日もスローでした。
風邪を引いてしまったのか、なんだか喉が痛いです。
仕事したくないモードが更に高まってしまうw



関連記事




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

関連タグ : 聖火リレー, オリンピック, チベット, 中国, 時事,




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyjournal.blog117.fc2.com/tb.php/275-80bd5443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。