明るい国家計画

HAPPYに行こう♪ Vol.2



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

家族計画はよく聞くけど、国家にもちゃんと考えて欲しい今日この頃。
地域的なものもあるのかもしれないけど、私個人としてはこの国の人口密度の多さにはうんざり。
ところが、もっともっと増やしていかないと国が成り立たないというのだからたまらない。
私が人口密度の低いところに行くしかないんだろうな

三十路の折り返し地点を目の前にしている私はいわゆる第二次ベビーブーム世代。
ましてや、その中でも一番多い年の生まれ。
何をするにしても人口密度の高いこと、高いこと

詰込み教育と偏差値の世代。
確か当時は1クラス42人ぐらいだった気がします。
小中学校は各学年6クラス、高校は各学年10クラスでした。

受験なんかも大変でした。
経済成長で、庶民でも、それ程頭脳明晰でなくても中・高等教育に手が届くようになってきたけれど、希望者の増加に応じて門も増加された訳でもなく、あえなくスライドせざるえなかった上の世代も合流して益々人数は増加してました。
大学受験では1~2浪もあたりまえの時代。
高校浪人もあったほど。
当時の高校の同級生達も半数ぐらいは第一希望じゃななかったように記憶しています。

そんな第二次ベビーブーム世代の私が思うこと。
自分の子供はベビーブーマーにはしたくない。
出生率を増やす必要があるのかもしれないけど、むやみに出産を流行にするのは違うと思う。

比較的辺鄙な道を歩いてきているから意外と思われることも多いけど、私は結構保守派。
子供は結婚してから派なので、現状と年齢を考えると、正直なところもう子供は難しいんだけどね。





関連記事




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

関連タグ : 第二次ベビーブーム, 受験戦争, 忘れ物, 人口,




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyjournal.blog117.fc2.com/tb.php/271-0458d9b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。