これが本当なら ~船場吉兆

HAPPYに行こう♪ Vol.2



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

本当なら、すごすぎ

でも、なんとなく本当なんじゃないかと、私は思ってしまいます。何の根拠も無い私の自分勝手な考えだけど、女性ってどちらかというとルールに固執する傾向があると思うんです。何も言われてなければ、“賞味期限”っていうルールをむしろ重視してしまうと思います。それに「木を見て森を見ず」じゃないけど、女性って自分の生活に身近な事のほうが気になると思うんですよ。何も指示されていなければ、店舗の利益云々より、自分の生活により身近な食の賞味期限のほうを重視するんっじゃないかって。おまけに、パートさんやアルバイトさんだからこそ、自分たちの判断で勝手に偽装しようなんて思わないと思うし。

もしこれが本当だとしたら、本当に許せない事だと思います。
一人の働く女性として。
もしこれが本当だとしたら、私はこの名を忘れないようにしたいと思います。
一人の働く女性として。

って、今は難民しちゃってるんだけどね
っつうか、Lower庶民の私には接触点(機会)自体が無さそうだけどね

2007年11月15日(木)10:10 西日本新聞
賞味期限1カ月延ばせ 「パートに全責任」念書を 「取締役が指示」証言 船場吉兆 元店員ら4人会見

 船場吉兆(大阪市)による食品表示偽装問題で、福岡市の岩田屋売り場の責任者だった40代のパート女性と、元アルバイトの女性販売員3人が14日、福岡市で会見した。元販売員らは「湯木取締役から、賞味期限を延ばすよう指示があった」と証言。また、パート女性は「問題発覚後、船場吉兆の湯木尚治取締役から『すべてパートの責任』とする書類に署名を迫られた」と明らかにした。

 船場吉兆は、社内調査で「偽装はすべてパート女性の独断で行い、会社は指示も関与もしていない」と福岡市に報告している。湯木取締役が直接偽装を指示したと複数の元店員が証言したことで会社ぐるみの疑いが強まった。またパート女性に「念書」を書かせ、責任転嫁を図った疑いもある。パート女性は農水省にも同内容を証言しており、同省は調査を進める。

 会見には、パート女性が相談している大阪弁護士会の山口健一弁護士も同席。パート女性や元販売員は、売り場で販売していたさざ波煮(ちりめん山椒煮)、空豆、栗(くり)のふくませ煮、黒豆プリンの少なくとも4品で、湯木取締役が期限偽装販売を直接指示するか、暗に指示したと証言した。

 このうちさざ波煮は、元販売員らが期限切れが近いことを伝えると、湯木取締役は「そんなん日持ちするんやで。1カ月くらい延ばせ」と期限偽装を指示したという。元販売員らは賞味期限シールを張り替え販売した。

 また、パート女性や山口弁護士によると、偽装問題発覚後の10月31日夜、博多リバレインの吉兆博多店で、パート女性は湯木取締役から「全責任はパート女性にある」とする会社作成の「事故報告書」に署名・押印を求められた。パート女性が「事実と違う」と拒否すると、同取締役は「それは言い訳や」と怒鳴った。パート女性は押し問答の末、1時間半後に署名せず帰宅した。翌日にも、期限切れ商品を販売した理由を紙に書くよう迫られたという。

 山口弁護士は、パート女性が期限切れ商品について、当初湯木取締役に指示を仰いでいたが「何度も賞味期限の話をするな」と言われ、相談できなくなったと話していることも明かした。

 会見は、パート女性らの写真撮影や、個人情報に関する質問をしないことを条件に開かれた。

 湯木取締役は、パート女性らが会見を開いた後、西日本新聞の取材に応じていない。
=2007/11/15付 西日本新聞朝刊=

関連記事




  
Powered by SEO対策  

 ランキングに参加してます。応援お願いします♪
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ   ビジネスブログ100選

関連タグ : 経済, 不正, 日常, , MyView,




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyjournal.blog117.fc2.com/tb.php/118-99d31c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
福岡市で発覚した「船場吉兆」による期限切れ食品販売問題で、大阪市の本店が04年8月、得意先に配っためんつゆ20~30本について、賞味期限のラベルを張り替えていたことが分かった。報告を受けた市によると、製造から3カ月を賞味期限とし、張り替えて延長した賞味
2007/11/16(金) | 京都日記~独り言~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。